2021年3月成績まとめ

がっかり 月まとめ

今月の成績

2021年3月成績
3月1日(月)-9,400円
3月2日(火)+1,193円
3月3日(水)-21,855円
3月4日(木)+905円
3月5日(金)+3,334円
3月8日(月)-19,594円
3月9日(火)+21円
3月10日(水)-9,520円
3月11日(木)-2,453円
3月12日(金)+4,285円
3月15日(月)+7,551円
3月16日(火)+3,570円
3月17日(水)+2,151円
3月18日(木)+5,725円
3月19日(金)+4,039円
3月22日(月)+3,992円
3月23日(火)+10,146円
3月24日(水)-34,748円
3月25日(木)+9,135円
3月26日(金)+6,377円
3月29日(月)+11,416円
3月30日(火)-53,057円
3月31日(水)+3,877円

16勝7敗 -72,910円

今月のTOP5

今月のTOP5

値嵩株は、利益がのったらすぐ利確、を心がけていたのでタイミングが合ったときはコツコツ積めていました。

ただ、Kudanは含み損になったときに切れずに大きくマイナスになってから投げたこともあったので、総額はあまり多くない結果になってしまいました。

今月のWORST5

今月のWORST5

室町ケミカルやQDレーザは、時々大きめにドカンすることがありましたが、基本はコツコツマイナスを積んじゃった感じです。

SHARINGINNOVATIONは、IPOの上場初日に安易に手を出してしまって、連売りにつかまって大きく大きくドンガラガッシャンしてしまいました。

i-plugはコツコツ積んでは大きくドカンを繰り返しちゃった。

NEXTONEに関しては…。

1回だけのトレードなのに、謎の握力発揮して大きくドッカンw

値嵩株ほど含み損になったときに損切りできないことを痛感した月でした。

今月の反省と今後の課題

値嵩株を触るようになってから、タイミングが合えば数ティックで利益が取れるので、上手くできたら今までのデイトレで1日の利益が10,000円を超える日もありました。

なのに、ドッカンの額もどんどん大きくなってきました。

それは値嵩株ほど損切りできずにお祈りしてしまうから。

お祈りで助けてもらえることもあったけど、もちろん助からないことも多いわけで。

そして、助からない時ほどドカンの金額が大きくなる。

それを改善するためには、やっぱりエントリーの精度をことと、素早い損切りなんですよね。

わかってるんです。

頭ではちゃんとわかってるんです。

でも、実際にトレードしてる真っ最中になると『欲』に支配されてしまう。

なんて強欲なんでしょう、私w

まずは、エントリーの精度を上げるべく、チャートや板の動きを監視しながら今までのトレードを考え直してみようと思います。

タイトルとURLをコピーしました